連邦公開市場委員会(FOMC)

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

米連邦準備理事会(FRB)はこの日、連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を引き
上げると同時に、今後もインフレ抑制のため、追加利上げが実施される可能性を示した。
 

ドルはFOMC声明の発表後、対ユーロ でおよそ1週間ぶりの高値に上昇。対円でも上昇した。

FRBは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を0.25%ポイント引き上げ、4.75%にすることを決定した。利上げは15回連続となる。声明では「ある程度の一段の金融引き締めが必要になる可能性がある」と再度表明した。

まだまだ 金利があがるのか!!

金利差からいってNZドルはさがりそうだなぁ。

米ドルのほうが買いやすいし。

株主優待や高配当銘柄を中心に株式投資をしています。 取引は主にネット証券口座、おすすめ銘柄を発掘しています。株主優待やその他、金融商品情報を掲載。